2014年09月13日

磨き材へのメッキのトラブル

磨き材へのメッキのトラブルの覚書。

ショットブラスト痕(ピンホール)上に錆が発生する。
メッキの前処理の酸洗い液がショットブラスト痕上に残る。
メッキ後、数週間すると錆が発生。

磨き材は製造工程にてショットブラストして冷間引き抜きしているようだ。
ショットブラスト痕上に錆が発生している

推測だが、空気中の水分?が酸洗い液の残渣を活性化?して表面を酸化し、錆を発生させるようだ。
ショットブラスト痕中心がやや茶色っぽくその周辺は白っぽい。

参考
ミガキ棒鋼のユニクロメッキ・六価クロメートメッキ
http://www.nc-net.or.jp/knowledge/morilog/detail/34565/

メッキで解決
http://www.prosper-job.com/mekki/faq/


みがき棒鋼の製造工程
http://www.nankai-shaft.co.jp/contents/
posted by 作業者X at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

幾何公差の付加記号 ○Mと CZ

いつものと違う図面を加工したので見かけない記号に出くわした。
○Mはかなり前に見たことがあった記憶が・・・
放置していたが、他の人から質問されたので調べざるを得ない。

位置度 ○と十字 φ0.1 ○内にM
平面度 菱形記号 0.02 CZ

手持ちの資料では○Mは載っているがCZはなし。
古いので・・・

googleで検索。

幾何公差の基本を理解する

新しい技術資料を買っておこう。
posted by 作業者X at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログタイトル変更

油と粉塵にまみれて作業しているため、「油塵日記」に変更しました。
posted by 作業者X at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

消費税8%、GW後の景気

3月の駆け込み需要も終わり、消費税8%になり、
ゴールデンウィークの連休工事向けの仕事も終わり、一段落・・・
とはいかず、相変わらず忙しい。
全く不思議である。
景気が失速すると思っていたのですが、アベノミクスのおかげで忙しいのですね。
感謝せねばなりません。
それにしても、株価は動きませんね。
下がるのか/上がるのか。
posted by 作業者X at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

公差穴のボーリング加工でのゼロカット

自分だけかもしれないが・・・。

公差穴のボーリング加工で微妙に公差に入らないとき、ゼロカットするのだが、
チップの先端が磨耗してしまい、穴が大きくならないことがあるし、テーパ−気味になることもある。
(小径穴で剛性が無くビビリ易い工具なので回転は上げられない場合、こういう現象になりやすい)

結局、チップの先端を加工硬化層でこすってしまい、チップが磨耗するだけのことなんですが。
また、微調整して広げる→磨耗→微調整→磨耗の繰り返しをやっていたが、穴の数が多いと途中で磨耗して仕上がらないという最悪のパターン。チップを交換してまた調整するのも面倒。

最近、気づいたのですが、ゼロカットするとき、送りを1.2倍にするとチップが磨耗しにくいことに気が付いた。(^^;

今ごろ基本に気づくとは、遅いっつーの!!
posted by 作業者X at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

主軸のツールが外れなくなり・・・

手動にて主軸のツールが外れなくなり、またツールの交換時にも大きな音がするので
やむなく主軸のカバーを外して状況を確認する。

油圧シリンダーが上下することによりツールのクランプ/アンクランプをしている。
以前折れたスタットボルトには異常なし。(^^;

シリンダーの上下の位置を調整する円盤状のストッパ(近接センサの検出対象も兼ねている)を止めるネジが緩んでいて、なんとなく正常な位置ではないようだ。

ストッパーの位置を調整しながら、ツールのクランプ/アンクランプする。
たぶん、ここがベストな位置というところで止めネジを締める。

スムースにツールのクランプ/アンクランプができるようになった。

そのまま使いつづけたら、多分どこか壊れていたので
これからは定期的に点検しよう。


posted by 作業者X at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする