2013年09月15日

公差穴 G8 について

個人的な覚書です。
(公差のG8が、資料に載っていないので調べてみた。)

公差 Gn(G6,G7,G8)の最小許容寸法は同じで最大許容寸法は最小許容寸法にITn(IT6,IT7,IT8)の寸法を足すことで求められる。

参考 機械設計・有限会社オービット/常用表に無いハメアイの求め方

JISにもとづく標準製図法 大西清著 (1987.1.20 通算119版)← 古っ!
機械工学必携 第7版 1996年9月30日 第13刷 馬場秋次郎編

公差穴 G8
{越え/以下}= [最大/最小] (IT8) 「例」
{単位mm }= [単位μm ] (単位μm)
{-/4 }= [+16/+2 ] (14)「3G8は3.002〜3.016」
{4/6 }= [+22/+4 ] (18)「5G8は5.004〜5.022」
{6/10 }= [+27/+5 ] (22)「8G8は8.005〜8.027」
{10/14 }= [+33/+6 ] (27)「12G8は12.006〜12.033」
{14/18 }= [+33/+6 ] (27)
{18/24 }= [+40/+7 ] (33)
{24/30 }= [+40/+7 ] (33)
{30/40 }= [+48/+9 ] (39)
{40/50 }= [+48/+9 ] (39)
{50/65 }= [+56/+10 ] (46)
{65/80 }= [+56/+10 ] (46)
{80/100 }= [+66/+12 ] (54)
{100/120 }= [+66/+12 ] (54)
{120/140 }= [+77/+14 ] (63)
{140/160 }= [+77/+14 ] (63)
{160/180 }= [+77/+14 ] (63)
{180/200 }= [+87/+15 ] (72)
{200/225 }= [+87/+15 ] (72)
{225/250 }= [+87/+15 ] (72)
{250/280 }= [+98/+17 ] (81)
{280/315 }= [+98/+17 ] (81)
{315/355 }= [+107/+18 ] (89)
{355/400 }= [+107/+18 ] (89)
{400/450 }= [+117/+20 ] (97)
{450/500 }= [+117/+20 ] (97)

取り急ぎ作ったので、自信は無いのでよく確認してご使用くださいm(__)m

posted by 作業者X at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マシニング加工日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック